株式会社のデメリット

一般的に会社設立すると聞くと株式会社をイメージする人がほとんどですし、実際に会社設立する人は株式会社を選択する人も多いと思います。
株式会社はほかの会社形態に比べて認知度が高いですから社会的な信頼も得られやすいですし、株式を発行できるので、それを買ってもらうことによって資金調達もできます。
また上場企業ともなればそれだけで知名度は飛躍的にアップしますし、事業拡大するなら株式会社は非常に有効な選択肢と言えるでしょう。

しかし株式会社にもデメリットになる部分はあって、会社設立するならそこも抑えておかなければなりません。
株式会社のデメリットとしてまずあげられるのが会社設立費用の高さで、これはほかの会社形態と比べてももっとも高くなっています。

まず定款の作成を紙でする場合は印紙代40.000円必要になりますし、定款の認証は株式会社のみ必要になる手続きなので認証手数料50,000円も準備しなければなりません。
加えて法務局で登記申請するときに必要な登録免許税も150,000円かかりますし、各種手数料を含めてもトータルで200,000円〜240,000円程度は必要になります。
合同会社の場合は60,000円〜100,000円程度で設立できるので、かなりの差があります。

そして株式を公開することによって生まれるデメリットもあって、たとえば株式を多く所有している人は会社の経営に対しての発言権を持つことになりますから、万が一多くの株式をほかの人に保有されることになった場合、経営権を明け渡さなければならない可能性もあります。
これは必ずしもすべての株式会社に当てはまるデメリットではありませんが、事業拡大に目を向け過ぎた結果、株式をたくさん買って貰わなければならない状態になるとそうなる可能性はあります。
株主とのトラブルは頭に入れておかなければなりませんし、知名度が高くなるに連れて経営は慎重にしたほうがいいでしょう。